商品紹介

「仏具」である鏧子(けいす)は、寺院や先祖が祀られている仏壇など、祈りの場にあります。仏前で手を合わせる時に鏧子の音と共に祈りが仏の世界まで届くように、または経典などの読経の時にリズムを整える「合図」として鳴らされます。日々の暮らしの中で、または寺院の厳かな本堂の中で僧侶の読経と鏧子の音の余韻は続いています。

products-keisu-thumbnail

【大徳寺型けいす】

明治時代から音色を重視して、考案された表面の凹凸がない形状の鏧子。江戸時代ごろまでは、鏧子を逆さにするとお釈迦様像の螺髪のような凹凸のある形状重視の唐用型鏧子が主流でしたが、明治後期くらいから大徳寺型けいすが主流となっています。

products-keisu-thumbnail

【平金】

主に浄土真宗大谷派で使用される。大徳寺型けいすと比べて高さが半分以下形状で、大徳寺型鏧子に比べて余韻が短い。

products-keisu-thumbnail

【ばい】

当工房では、長年鏧子自体の「鳴りを出す」技法に修錬して参りましたが、良い音色「鳴り」は良い撥があってのことと承知致しました。撥についても工夫改良を重ね特許製法を生み出し、耳障りな金属音が軽減された鏧子本来の心地良い音色を一層強く表現できる特製昇龍撥(バイ)を創作しました。

pagetop